スキップしてメイン コンテンツに移動

How I got 92 on TOEFL ibt (2)


前の記事 『 How I got 92 on TOEFL ibt (1) : http://juriokita.blogspot.com/2015/12/how-i-got-92-on-toefl-ibt.html 』
では主にリーディングの勉強方について書いたので今日はリスニングについて書きます!

もともと小さい頃から洋楽を聴いたりしてリスニングは4科目の中で一番得意だったんだけど、
TOEFLでは長いレクチャーで内容も難しい問題があるので
それに慣れるために家にいる時はアメリカのニュース番組をつけておくようにしました。
YouTubeでアメリカのテレビ局、CNNの公式アカウントを見たり。
https://www.youtube.com/user/CNN


あとは前の記事でも紹介したこのテキストについてるCD-ROMで
TOEFL本番のリスニングの問題形式に慣れるために何回もプレテストみたいなのもしたり。
このCD-ROMには本番と同じ完全版と1セクションごとに出来る練習問題もたくさんついててすごく良かったです☺

それからScientific American http://www.scientificamerican.com
ってサイトのポッドキャストを聴いてノートに書き取ったりもしてました!
下にスクリプトも載ってるんだけどそれは答え合わせの時まで見ないで、
ひたすら全部書き取れるまで一時停止してスタートしてを繰り返す感じ。
ジャンルもHealthとかTechとか色々ある中から選べてけっこう面白かったよ☺

で、たまに息抜きでYouTubeでHaul Video見たり。もちろんアメリカ英語の。
とにかく出来るだけ英語を聴くようにしてました!



コメント

このブログの人気の投稿

2018

ふう〜帰宅。今日は会社で仕事納めでした!



振り返ると結構今年はいろいろ変化があって人生で一番早くすぎた年だったかもしれない。今のところ。 ざざっと今年あったことを久しぶりにブログに書いておこうと思います。
前回の更新は4月、インターンのことを書いた記事かな。 http://juriokita.blogspot.com/2018/04/about-my-job.html
この時は大好きなスタジオで働けて、出勤するたびに大量に学ぶことがあって刺激を受けまくってて、、 いま思うと今年とは思えないぐらい昔に感じる、!

ちょうどこのすぐあとあたりに、履歴書とポートフォリオを日本語に訳して、 日本の会社2、3社とSkype面接をしたなあ。 夏から日本でデザイナーとして働きたかったので。 と同時に、SNSを通して日本からいただくフリーランスの仕事以外に、 このスタジオで働いていたのがきっかけでNYでもレストランの方やスタートアップのホテルグループや化粧品メーカーから個人的に声をかけてもらえてお仕事を少しずつもらえるようになってきたのもこの頃。 アメリカ全体ではどうなのかわからないけど、私の体験ではNYではLinkedInを通してアプローチされることがかなり多かった! あとはAdobeが運営するオンラインポートフォリオのBehanceや、普通にインスタなど。
そんな感じでいろんな分野の方たちと直接お仕事するのが楽しくて、 NYでフリーランスだけでどれぐらい出来るのか帰る前に挑戦もしてみたかったから会社は5月いっぱいでやめて6月7月は自分の仕事に専念。

お金に厳しくなったらバイトするか最悪帰国を早めればいいかって思ってた。笑 だけどタイミングよく数個のプロジェクトに参加させてもらえて、 家もクイーンズのめちゃくちゃ小さいお部屋から、どうしても住みたかったブルックリンに引っ越して 毎日朝から好きなカフェに歩いて行って好きな仕事をして、っていま思うと奇跡のような生活。笑


それで思ったことはNYでは個人、少人数のスタートアップから企業まで、サイズ問わずとにかくビジネスが多いから、 デザイナーも経歴を問わず私みたいに経験が浅いデザイナーでも一応ニーズはあるんだなってこと! 日本で独立っていうと会社で何年も経験を積んでからするもの、みたいな概念はまだまだあると思うけど、 そうじゃなくても飛び込…

190413

昨日お天気よくて最高だった〜〜〜! そんな日の服。
top - Isabel Marant Etoile pants - Isabel Marant belt - American Apparel bag - Building Block shoes - Converse 


Isabel Marantが前々からすごく好きで、 昨日はたまたま上下Isabel Marantでした。 トップスは一昨年?ぐらいにbird brooklyn のセールで、 パンツは去年のブラックフライデーにssenseのセールで。 original priceでは買わない、とゆうより買えないのでセールのときにめちゃくちゃ探します。笑

bird brooklynはブルックリンに数店舗とLAにお店を構えるセレクトショップで、大好きなお店の一つ。

photo : https://ny.racked.com/2015/6/19/8813197/bird-sale-june-2015


もともとBarneys New YorkとかSteven Alanのバイヤーだった人が独立して始めたみたい。 商品のセレクトも、店内の雰囲気も、ショップカードや包装紙などのグラフィックデザインもめちゃくちゃ素敵、、 包装紙の模様が本当に好きで何か買うたび少し保管するけど結局何に使うねんってなって泣く泣く捨てるやつ。
NYかLA行く方はぜひ行ってみて〜〜〜☺

Thanks for reading! Juri

about my job

OPT期間のインターンのお話!
一つ前の記事の続きです☺



学校は2017年の5月に卒業で、その前の3月頃からいろんな会社に自分で応募して何回か面接も行ったけどなかなか難しくて、結局決まったのは8月。 その頃はNYにあるデザイン事務所にあんまり詳しくなかったので学校がやってる職探し用の掲示板みたいなページで求人を見つけて応募しました。

だいたいいつも履歴書とカバーレター(志望動機書?)とポートフォリオ(私はBehanceを使ってるけど、ウェブサイトの方がベター)を添付して会社にメールして、返事がくればオフィスに行って面接とか。 結構スカイプとか電話の場合も多いけど!日本よりもすごーくカジュアル。



デザインした履歴書とカバーレター



やっと8月に人生初めてのインターンを開始したのはマンハッタンにあるブランディングエージェンシーでした。 長くお付き合いのある大手のブランドとのお仕事が多かったので実際はブランディングより、パッケージデザインやウェブ、パンフレットとか単体のデザインのお仕事が多かったかな。



写真に写ってるのが私のデスク
しっかりフルタイムで働けて実際にクライアントに見せるデザインをさせてもらったり色々任せてもらえて、既存のブランドアイデンティティーを応用してデザインすることを学べたので人生初のインターンとしては結構いい環境だったと思う。 インターンってパートタイムで雑用しかさせてもらえないところも多いみたいなので:(
それから働き始めてすぐ、友達に教えてもらって知ったのがLMNOP Creative。 ブルックリンにあるデザイン事務所でブランディングを主にやっているところ。







http://www.lmnopcreative.com/
もうウェブサイトを見てすぐにギュウウウウウン!!!てきた。 なにここーーーーって。 遊び心があるけど洗練されてて大好き。
すぐに大ファンになって、9月頃からファンレターみたいなメールを送り始めました。 I just fell in love!って本当に書いた。笑 その時LMNOPはインターンの募集をしていなかったので返事はもらえず、 結局4回ぐらいのメールでやっと返事が帰ってきて、面接してもらって1月からインターンとして雇ってもらえることになったのが12月始め頃。 1つ目のインターンはしっかり5ヶ月間フルタイムで働いて12月いっぱいで…