4.10.2018

about my life so far

ひーーーーさしぶりに更新してみる。
約半年ぶり。。!怖

InstagramやTwitterで、どういう経緯でNYで働くことになったのか、
仕事は具体的に何をしているのかっていう質問をたまに頂くのでNYに来るきっかけから今までの流れをざっくり、書いてみようと思います。

2記事ぐらいに分かれると思うのでまず第1弾!



どんな仕事をしてるかとかって同じクリエイティブ系の人と話すとき以外、
特に日本の友達に話すときとかはヘラヘラしちゃって真面目に話すことがあんまりないから良い機会。笑

まずNYに来たのは2015年8月。Fashion Institute of Technology(ニューヨーク州立ファッション工科大学)で大学生活をスタートするため。



日本で高校を卒業してから1年ちょっとフリーターをして留学費を貯めつつTOEFLの勉強したり留学準備した後って感じ。
バイトは英語が使えるように空港内のタリーズでしてた!あとコストコ!笑
英語の勉強方法もブログに書いてるので勉強中の方は見てみて〜☺

小さい頃からアメリカに憧れはあったけど留学経験はなかったのでこれが初めての海外生活・留学生活・大学生でした。

ギリギリまで受かるかわからなかったから来る前はばったばたしたなあ。
2015年6月に合格がわかったときの記事⇨ GREATEST NEWS EVER 
6、7、8月あたりの記事には渡米準備のことも書いています☺

大学では2年間グラフィックデザインを勉強してました。
ファッションって名前についてる学校だけどファッション以外にもいろんなプログラムがある大学!

デザインを勉強し始めてから特に興味を持つようになって、これからもお仕事としてやっていきたいのがブランディング。
って言ってもデザインの人達の言うブランディングは経営サイドのことはあんまり含んでなくて。。?
正しい説明の仕方がわからないのでとりあえず画像はります。笑









例えばこれはブルックリンにある会社がブランディングデザインした私の好きなバッグのブランド、Building Block。








こちらもNYベースの会社がブランディングを担当したマンハッタンにあるカフェ。







これは去年私が自分のブランディングをしたプロジェクト。
それまで使ってた履歴書やカバーレターのデザインがバラバラだったので統一したくて☺





こんな感じで会社のアイディア、コンセプトを視覚化するお仕事、、かな?
基本的にはロゴとかパッケージ、ウェブサイトとかぜーんぶに適用できるシステムをデザインって感じ。
店舗のある会社ならインテリアデザイナーと相談しながら内装の方向性を決めて行ったり商品の写真がいるなら撮影のアートディレクションをしたり。

会社の提供するサービスや商品の質がどんなに良くてもそれをお客さんに伝えるビジュアルがあるのとないのでは全然違うし、どんな会社でもブランディングは必要だと思うのでこれからもっとお仕事を通して勉強していきたいなああっていう感じです!

で、去年、2017年5月に卒業してから8月からOPTという制度を使って働いています。
アメリカで学位をとると勉強した分野と関連がある職業にアメリカ国内でつくことを許される期間!



どんな仕事をしてるか、どうやって採用ゲットしたかなど次の記事で書きま〜〜す☺

Stay tuned:)
Juri


1 件のコメント:

  1. 憧れです!ずっとブログ楽しみにしてます!

    返信削除